券売機の構造はどうなっている?
券売機コラム一覧

  1. HOME
  2. 券売機JPの券売機コラム一覧
  3. 券売機の構造はどうなっている?

券売機の構造はどうなっている?

私達の生活に欠かせないものと言えば、電車やバスなどに乗るときに利用することになる券売機です。
券売機は様々なところで活用されており、他にも食券や入場券を購入することもできます。

券売機の歴史は古く、日本においては大正の時代に、硬貨を入れてレバーを下げるだけのシンプルな券売機がありました。券売機の構造自体は現在でもシンプルで、硬貨や紙幣を入れてボタンを押し、券が排出される仕組みになっています。券売機の構造は当初は手動でしたが、昭和31年ころより電動式のものが導入されるようになりました。さらに進化した現在では、券売機はタッチパネルを用いているものも数多くあり、さらに利便性が高くなっています。しかし、電車などの公共交通機関においては、切符を購入するのではなくICを利用した決済を利用する方も増えています。しかし、現在でも公共交通機関やラーメン店などの飲食店を中心に券売機が活躍する場所はたくさんあり、人々の生活を便利にするため毎日稼働しています。