券売機コラム一覧

  1. HOME
  2. 券売機JPの券売機コラム一覧
  3. 券売機の法定耐用年数

券売機の法定耐用年数

券売機とは券売機の法定耐用年数※とは、確定申告における券売機の価格の分割年数を指します。耐用年数と言うと故障せずに使える年数と思いがちですが、申告上必要な数字であり、機械そのものの耐用年数の事ではありません。

券売機は金額の大きな備品なので、リースや購入の場合は減価償却が必要になります。券売機は飲食店で使用する機械、装置に分類され、国税庁によって定められたこれらの耐用年数は8年とされています。
そのため、購入にあたっては一括が経費に計上されるわけではなく、8年にわたって減価償却されていくので注意が必要です。
減価償却の計算が面倒な場合は、減価償却や財務管理の必要がないレンタル券売機の利用もおすすめの一つです。また金融機関の審査なしで導入可能というメリットもありますので事業形態によって使い分けるのが得策と言えます。

参考: 国税庁 確定申告作成コーナ よくある質問 耐用年数(機械・装置)