券売機での割り込み対策を考える
券売機コラム一覧

  1. HOME
  2. 券売機JPの券売機コラム一覧
  3. 券売機での割り込み対策を考える

券売機での割り込み対策を考える

行列お店が券売機を導入することで利用者がスムーズにチケットを購入することができるようになります。

しかし、人気のお店では、券売機を前に長い行列ができることもあるでしょう。行列ができると、割り込みをする利用者もでてきますよね。トラブルの元となるので、行列対策が必要となります。
券売機を増やせれば良いのですが、券売機を増やすには店舗規模(設置場所、回転率)やコスト面等で、経営的な判断が必要になってきます。
その前にまずは並び方や表示を工夫しましょう。列が長い場合はロープを張って列が分かれないようにしたい、床に表示案内の追加や目立つ所に注意の掲示板も張ったりする事も有効ですね。
もし券売機が複数ある場合は、フォーク並びがおすすめです。1列に並んでもらって、先頭の人があいた券売機に入っていく方法です。

列が長くなり混雑すると、どうしても列が崩れてしまいます。割り込みなどによるトラブルが発生しないよう、気を付ける必要があるでしょう。