券売機の言語は避けて通れない課題に
券売機コラム一覧

  1. HOME
  2. 券売機JPの券売機コラム一覧
  3. 券売機の言語は避けて通れない課題に

券売機の言語は避けて通れない課題に

券売機JPで扱うほとんどの券売機が外国語対応※可能です。都市部や観光地のお店にとって、外国人対応は日常業務とも言えます。英語、中国語、韓国語への対応を考えてみましょう。
券売機は大きく分けてボタン式の券売機と液晶タッチパネル式の券売機の2種類がありますが、どちらも多言語に対応出来ます。(詳しくは多言語対応券売機へ)音声ガイド機能が付いている機種もあるので、客層を考えて選ぶ事が出来ます。

多言語対応日本の飲食店は外国に比べてメニューブックがしっかりしていますが、いざ注文しようとするとトッピングが分からなかったり、同じラーメンでもスープの違いがあり選ぶのは大変です。細かな具材や素材を英語で説明するのは容易なことではありません。イスラム法で許される食材「ハラール」対応も必要になってきますね。

通常の券売機でも多言語対応出来ます券売機の多言語対応は、食材とともにアレルギー表示など、表示は明確にしておく必要もあります。写真とともに日本語表記の下に外国語を加えるなど、まずは出来る事から実行しましょう。そこから着実に外国人でも使いやすい券売機へ進化させて行きましょう。

多言語対応の券売機は2種類。タッチパネル式液晶券売機とボタン式券売機に外国語表記を追加した券売機。タッチパネル式液晶券売機はスマホ感覚で操作出来る大型画面に多言語表記のメニュー、音声案内で外国人にも日本人にも見やすく、分かりやすい券売機です。そしてボタン式券売機はPOPやメニュー札に外国語表記をプラスした券売機となります。また外国語表記にあたり翻訳サービスも券売機JPで行っています。

出典・引用:日本政府観光局 訪日外客統計の集計・発表