券売機コラム

スーパーのチラシを参考に販促効果を生む券売機に

売上が上がるチラシ広告のデザインは、多くの商品をセール商品や定番商品などの分類したうえで、メリハリを付けて1枚の紙面上に配置します。お店が描いたイメージに沿って、チラシを見た人の視線が紙面全体に流れるようにしているのです。単に、カラー印刷できれいに仕上がっているわけではありません。
券売機も同じです。お客様複数は大きな写真のPOPを基本に他のメニューを確認します。1つひとつのメニューを写真とともに紹介する場合、全部同じ大きさにする必要はありません。位置と大きさを変えることで、人気メニューもわかり、同時に立体感やボリューム感も生まれます。
写真も大きめにして、周囲をカットして中央部分をアップで掲載します。立体感やボリューム感を出すために写真の外側をカットする手法は、デザインの基本です。近くで見て圧倒されるイメージが重要です。新聞に折り込まれるスーパーのチラシを見て、券売機のPOPを再検討すると良いでしょう。

ページの先頭へ