券売機コラム

海外からみた日本の券売機

日本は、世界のどこの国より自販機の数が多いといわれています。治安のよくない国々では、自販機ごと盗難にあったり、いたずらで壊されたりすることが多いため、置いておくのはリスクが高いと考えられています。券売機や自販機の盗難事件が少ない日本とは、発想が違いますね。また機械自体が高額なので庶民的なお店にはとても置けない、という事情もあります。
そのため、券売機で食券を購入して食事をとるという行為自体、海外のゲストたちにとっては珍しい非日常的な体験。初めて目にする高性能な券売機に驚く観光客も少なくありません。
昔から、電化製品は日本製が一番とされていましたが、券売機にもそうしたまなざしが注がれるなんて、なんだか嬉しいですね。

ページの先頭へ